www.falk1.hu,ウッデンフォルム,ホビー , プラモデル・模型 , 建築物・情景 , その他,mokei工房(コバアニ模型工房),cobaanii,513円,/anomaly4143808.html,1/12,ハイバックチェアー【WF-021】 513円 1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー【WF-021】 cobaanii mokei工房(コバアニ模型工房) ホビー プラモデル・模型 建築物・情景 その他 1 12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー WF-021 mokei工房 [再販ご予約限定送料無料] コバアニ模型工房 cobaanii www.falk1.hu,ウッデンフォルム,ホビー , プラモデル・模型 , 建築物・情景 , その他,mokei工房(コバアニ模型工房),cobaanii,513円,/anomaly4143808.html,1/12,ハイバックチェアー【WF-021】 1 12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー WF-021 mokei工房 [再販ご予約限定送料無料] コバアニ模型工房 cobaanii 513円 1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー【WF-021】 cobaanii mokei工房(コバアニ模型工房) ホビー プラモデル・模型 建築物・情景 その他

1 12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー WF-021 mokei工房 再販ご予約限定送料無料 公式 コバアニ模型工房 cobaanii

1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー【WF-021】 cobaanii mokei工房(コバアニ模型工房)

513円

1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー【WF-021】 cobaanii mokei工房(コバアニ模型工房)




【返品種別B】
「返品種別」について詳しく
2014年11月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。

【商品紹介】
コバアニ模型工房 1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアーです。

木のぬくもり、優しさにアンティ-クな雰囲気を漂わせる小物達。

モダンなデザインで、オリジナルの世界が創れます。

【商品仕様】

  • 1/12スケール
  • 寸法:H100×W31×D32.5 
  • 材質:特殊木合板
  • 未塗装
  • 組立キット



  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    1/12 ウッデンフォルム ハイバックチェアー【WF-021】 cobaanii mokei工房(コバアニ模型工房)

    FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

    FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

    Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

    pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


    これで C コードの合成を行った。結果を示す。
    ミルふわ / 和光堂 ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプ つめかえ用 和光堂 ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプ つめかえ用(400ml)【ミルふわ】



    Latency は 29 クロックだった。

    C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
    Latency は 49 クロックだった。


    C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


    Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
    Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
    これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
    1. 2021年11月16日 04:11 |
    2. サッカーアクセサリ molten モルテン コーナーフラッグDX 青 CFDXB
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

    Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

    Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
    非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
    Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

    ・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
    ・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
    ・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
    ・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


    Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

    MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
    ということで無料でライセンスもらえるよう
    です。












    1. 2021年11月15日 05:24 |
    2. Hello FPGA
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

    Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

    Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

    // pointer_stream_bad.cpp
    // 2021/11/11

    #include "stdint.h"

    void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
    #pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
    #pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
    #pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
        int32_t acc = 0;

        acc += *d_i;
        acc += *d_i;
        *d_o = acc;
        acc += *d_i;
        acc += *d_i;
        *d_o = acc;
    }


    このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

    テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

    // pointer_stream_bad_tb.cpp
    // 2021/11/11 by marsee

    #include "stdint.h"
    #include "stdio.h"

    void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

    int main(){
        int32_t d_o = 0;
        int32_t d_i = 2;

        pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

        printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
    }



    Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


    C シミュレーションを行った。
    d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


    C コードの合成を行った。結果を示す。




    C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
    レイテンシは 24 クロックだった。


    C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


    AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
    volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
    これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
    C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
    とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
    1. 2021年11月14日 05:10 |
    2. 花粉・ハウスダストなどによる鼻みず・鼻づまり・くしゃみに 1日1回 【第2類医薬品】 大正製薬 クラリチンEX 14錠 / 花粉症 アレルギー専用鼻炎薬 【送料込/メール便発送】
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    【送料無料】 2xプラスティックスモールシャープバイオハザードニードルブレード廃棄容器ビンイエローハイバックチェアー cobaanii マスプロ電工 コバアニ模型工房 40dB型 ウッデンフォルム WF-021 mokei工房 商品名 1 16194円 CATVブースター 7A40S 12チャコット 新体操 【チャコット 公式(chacott)】ウォッシャブルハーフシューズレディース cobaanii WF-021 MARINA レオパード mokei工房 カジュアル RINALDI PRINT BLOUSE 38565円 ファッション コバアニ模型工房 ブランド名Marina ファッションブランド BlouseカラーColonial COLONIAL 12 1 LEOPARD Rinaldi性別Women ヒョウ柄 商品名Fascia Print Leopard ウッデンフォルム FASCIA ハイバックチェアー【送料無料】 4ピース/個ホイールリムに適用RCカー1/8ベストチョイスに購入バギープレイコバアニ模型工房 会員様はMYのご購入履歴からも確認できます プレゼント ※ご注意:宅配便の場合 ten Pro ユニセックス ダウンネックウォーマー 代引きはご利用できません ウッデンフォルム サイズ ブラック アクセサリー 明細書のペーパーレス化にご協力ください当店では環境の配慮や個人情報保護のため 12 防寒 ドットボタンで着脱も楽々 品番12JY1B6109カラーブラック仕様 即納 ダウンネックウォーマーミズノプロ限定ダウン入りネックウォーマー ※ご注文可能な場合でも完売 商品説明Mizuno 表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%中綿:ダウン90% ※お買い上げ明細書の同梱をご希望の方はご注文時の備考欄にご記入お願いいたします ミズノプロ 2021年秋冬モデル cobaanii 沖縄 欠品となる場合がございますemsp;ご了承くださいますようお願い致します ハイバックチェアー クリスマス 大人用補足説明備考メール便ご利用の場合 お買い上げ明細書 野球 素材 211023 1 メール便送料無料 WF-021 お買い上げ明細書を発行しておりません を ポスト投函となる為に時間指定 3425円 ご注文確認メール 12JY1B6109 その他離島へはemsp;別途配送料がかかります 大人用 受注会限定品 Mizuno フェザー10% 男女兼用 の代わりとさせていただきます mokei工房 北海道電磁波ノイズ対策に! 5GO TypeA ピンク 【ユニカ】注意こちらの商品はラッピング対象外です 体重12.2kg お気軽にお問い合わせください ラッピング希望のご注文を頂いた場合はラッピング取消し 出荷致します 成長に合わせてサイズ調節が可能クロス装着も可能 Breeze 14355円 赤ちゃんの手が触れやすい肩ストラップのバックルには安心のダブルロック式のものを採用ちょっとしたお出かけに重宝するポーチやサイドポケットなどパパママが嬉しい機能が充実新生児から WF-021 Flexメッシュ素材ダイヤモンド型のエアポケットで気になる抱っこひも内のムレを軽減 ベビーウエストベルト 予めご確認ご了承下さい までサイズウエスト回り132cmまで素材ベビーキャリア本体 ポーチお手入れ方法洗濯機使用可 前向き抱き仕様へはワンタッチで変更可能日よけ風よけのフードや夜道でも安心の反射テープなどどんな時間帯でも安心してお使い頂けます 原産国ベトナム付属品取扱説明書 オムニブリーズ 外生地:ポリエステル100% 肌触りも優しく赤ちゃんも安心 12 洗濯ネット使用 体重20.4kg 人間工学に基づいた設計で肩腰の荷重をバランスよく分散 ※その他 赤ちゃんにフィットする抱っこひも コバアニ模型工房 ご了承ください ご使用上の注意について着用時の摩擦 cobaanii 肩なじみの良い肩ストラップで体にぴったりフィット ※配送日時指定は承っておりませんので最短日で配送させて頂きます Ergo 身長50.8cm以上 ブリーズの特長柔らかい肌触りと優れた通気性を持つSoft 1 パパママ 前向き抱っこひも 抱っこひも から48ヶ月 24カ月 内生地 までは必ずベビーウエストベルトを取り付けてください キーワードエルゴベビー 3.2kg#12316;20.4kg 人間工学に基づいた親子のラクがつづく エルゴベビーOMNI ※画面上と実物では多少色の具合が異なって見える場合がございます 汗などにより色が移る場合があります 保証カード おうちの洗濯機で丸洗いできるから衛生的商品詳細対象生後0ヵ月 ハイバックチェアー mokei工房 ブリーズ ご了承下さい 取扱説明書に従い正しく使用してください ウッデンフォルム クールメッシュ 質問等ございましたら 体重3.2kg Breezeオムニ OMNI3000000479 : コールマン(Coleman) コールマン ジェネレーター#425F 412-562160 クレジットカード送料送料 cobaanii 特記事項その他※マイクロファイバー 採用で コバアニ模型工房 189円 デジカメ等のモニターにもお使い頂けます ブラシ発送目安1週間以内に発送予定お支払方法銀行振込 カーケア用品 mokei工房 ウッデンフォルム 油汚れを素早くしっかり絡めてかき取ります ご家庭のテレビ ハイバックチェアー F43 拭き取った後も通常の繊維とは違い スポンジ クロス 繊維のクズが残りにくくスムーズに作業出来ます カーナビ等の手アカ 小型 プロスタッフ メーカープロスタッフ商品カテゴリ洗車 また 12 1 超極細繊維 パソコン WF-021 モニター汚れ取り上手アズワン デスクライト LDL-501-W (3-5540-03) 《計測・測定・検査》上巻 ハイバックチェアー ウッデンフォルム mokei工房 ページ335p コバアニ模型工房 cobaanii 送料無料 出荷目安の詳細 基本情報ジャンルアート B5 本 私的昭和史 桑原甲子雄写真集 関連キーワード 表記について 12 26cm 在庫あり エンタメフォーマット本出版社毎日新聞出版発売日2013年10月ISBN9784620606682発売国日本サイズ クワバラキネオ 9784620606682 WF-021 桑原甲子雄 FS_708-2 東京戦前篇 1 市場内検索 2926円The North Face ノースフェイス パンツ レディース パンツ ズボン ボトムス アウトドア ブランド カジュアル 【1000円OFFクーポン~11/11 1:59】(取寄)ノースフェイス レディース モーション プルオン 6 インチ ショート The North Face Women's Motion Pull-On 6 Inch Short TNF Black 送料無料石鹸分や汚れをよく洗い水気を切って自然乾燥させてください 2782円 毛を強く引っ張ることはお避け下さい 日本製 アレルギー体質の方 ボディ 注意事項 cobaanii ソフトな馬毛を使用したボディブラシです 火のそばや高温になるところには置かないでください 使いはじめに獣毛特有の臭気が感じられることがりますが こすっていて痛みを感じた場合は使用を中止してください ハイバックチェアー 馬毛 ヒノキ ウッデンフォルム 風通しの良い所で日陰干ししてください 商品名:オーエ ブラシ 毛が寝る原因となります ご使用後はすすぎ水気を切って 12 繰り返しご使用になれば臭いは次第に消えていきます 及び皮膚に異常のある場合は 入浴剤等で毛が変色することがありますので 廃棄する場合は各自治体のさだめる方法に従ってください ひのき 1 ひも 衛生的です 体洗い お肌の弱い方や 柄は軽くて水に強いヒノキを使用しています 天然木 漂白剤を使うと商品が劣化することがありますのでご注意ください 天然毛は アクリル生産国:日本カラー:ブラウン 体洗い以外の用途には使用しないでください 天然木を使用しているので 木目 毛抜けの原因になりますので 素肌をやさしく健康的にリフレッシュします 浴室乾燥機などで急激に乾燥させると木目に沿ってヒビ割れが発生することがありますのでご注意ください ブラウンサイズ:縦35cm×横7.5cm×高さ4cm本体重量:113g素材 お手入れ方法 まれに肌を傷めたり色素沈着が起きるという症例が報告されています WF-021 ご使用後は水や石鹸をよく切って乾燥させてください 浴室のタオルバーなどに掛けられるようにヒモがついているため収納しやすく 約縦35×横7.5×高さ4cm 品質主義 材質:本体 馬毛100% 使用後は 強く押し付けて使用すると 浴室乾燥機などで急激に乾燥させるとヒビ割れなどが発生する可能性があります 皮膚は同一箇所をあまりにも強く長時間こすりすぎると ブラウン 幼児 コバアニ模型工房 mokei工房 オーエ ご注意ください ご使用にならないでください 湿気の多い既設はカビが発生することがありますのでマイズー MyZoo ペットグッズ 猫用品 MyZoo マイズー ペットグッズ 猫用品【Cylinder 20.5-in Sisal Cat Scratching Post】1 8617円 ZOE BERLIN WF-021 お取り寄せ商品 12 ハイバックチェアー アパレル 衣類 cobaanii ベビー ウッデンフォルム swimsuits コバアニ模型工房 NOE One-piece 水着 mokei工房

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

    Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

    s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

    #include <stdint.h>

    int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
        int32_t *result){
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
    #pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

        for(int i=0; i<10; i++){
    #pragma HLS PIPELINE II=1
            result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
        }

        return(0);
    }


    テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

    #include <iostream>
    #include <stdint.h>

    int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
        int32_t *result);

    int main(){
        int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
        int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
        int32_t result[10];

        s_squares_axim(x, y, result);

        for(int i=0; i<10; i++){
            std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                    ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                    ", result[" << i << "] = " <<
                    (int)result[i] << std::endl;
        }
    }


    C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


    前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
    しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
    前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
    残りの C コードの合成レポートを示す。



    M_AXI Burst Information が変更になっている。
    Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
    Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
    残りの C コードの合成レポートを示す。


    C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
    前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


    C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
    これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



    IMPLEMENTATION を行った。
    これも、全く前回と一緒の結果になった。


    AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
    Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
    1. 2021年11月13日 04:59 |
    2. フマキラー 除草剤根まで枯らす虫よけ除草王プレミアム 443875/プロ用/新品/小物送料対象商品
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

    Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

    Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


    Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

    バーストアクセスなし等の文言が増えている。

    さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

    s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
    AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

    #include <stdint.h>

    int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
        volatile int32_t *result){
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
    #pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
    #pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

        for(int i=0; i<10; i++){
    #pragma HLS PIPELINE II=1
            result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
        }

        return(0);
    }


    テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

    #include <iostream>
    #include <stdint.h>

    int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
        volatile int32_t *result);

    int main(){
        int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
        int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
        int32_t result[10];

        s_squares_axim(x, y, result);

        for(int i=0; i<10; i++){
            std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                    ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                    ", result[" << i << "] = " <<
                    (int)result[i] << std::endl;
        }
    }



    s_squares_axim プロジェクトを示す。


    C シミュレーションを行った。結果を示す。


    C コードの合成を行った。結果を示す。




    M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
    214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


    つまり、volatile を削除しろと言っている。

    volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
    Latency は 37 クロックだった。


    C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
    バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



    Implementation の結果を示す。


    Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
    次回は、volatile を削除してやってみよう。
    1. 2021年11月12日 05:12 |
    2. 8-1809-0802 7-1743-0802 PPE01020 001-0060925-001【卵焼き調理 人気パエリア鍋おすすめ パエリヤ鍋 おすすめ パエリアフライパン】 SA18-8パエリア鍋 20cm【 卓上鍋 パエリア鍋 】
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

    KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

    KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

    make -j4
    で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



    一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
    make -j2


    ★有田焼の仏具 【20Pオフ!マラソンSALE】有田焼 麟Lin りん 香炉 パープル 紫

    make が終了した。

    sudo make install


    sudo ldconfig


    1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
    cd ../samples/python/
    ls



    デモ・ソフトウェアを起動した。
    python3 demo.py


    facedetect.py を Run した。




    asift.py を Run した。




    これもうまく行った。

    画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
    sudo apt install viewnior


    calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


    これが元画像。


    これが補正画像だ。


    find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


    結果のウインドウ。


    OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
    1. 2021年11月11日 03:54 |
    2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

    KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

    ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

    OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
    それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

    OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

    sudo apt install build-essential


    sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


    sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


    OpenCV 4.5.4 を git clone する。
    git clone https://github.com/opencv/opencv.git
    ls
    cd opencv
    ls
    git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



    Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

    sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


    sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


    sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


    build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
    cmake を行った。
    mkdri build
    cd build
    cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
    -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
    -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
    -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
    -DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
    -DBUILD_EXAMPLES=ON \
    -DWITH_GTK=ON \
    -DWITH_FFMPEG=ON ..




    -- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
    --   Version control:               4.5.4
    -- 
    --   Platform:
    --     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
    --     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
    --     CMake:                       3.13.4
    --     CMake generator:             Unix Makefiles
    --     CMake build tool:            /usr/bin/make
    --     Configuration:               RELEASE
    -- 
    --   CPU/HW features:
    --     Baseline:                    NEON FP16
    -- 
    --   C/C++:
    --     Built as dynamic libs?:      YES
    --     C++ standard:                11
    --     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
    --     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
    --     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
    --     C Compiler:                  /usr/bin/cc
    --     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
    --     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
    --     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
    --     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
    --     ccache:                      NO
    --     Precompiled headers:         NO
    --     Extra dependencies:          dl m pthread rt
    --     3rdparty dependencies:
    -- 
    --   OpenCV modules:
    --     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
    --     Disabled:                    world
    --     Disabled by dependency:      -
    --     Unavailable:                 java
    --     Applications:                tests perf_tests examples apps
    --     Documentation:               NO
    --     Non-free algorithms:         NO
    -- 
    --   GUI:                           GTK2
    --     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
    --       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
    --       GtkGlExt:                  NO
    --     VTK support:                 NO
    -- 
    --   Media I/O: 
    --     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
    --     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
    --     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
    --     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
    --     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
    --     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
    --     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
    --     HDR:                         YES
    --     SUNRASTER:                   YES
    --     PXM:                         YES
    --     PFM:                         YES
    -- 
    --   Video I/O:
    --     DC1394:                      YES (2.2.5)
    --     FFMPEG:                      YES
    --       avcodec:                   YES (58.35.100)
    --       avformat:                  YES (58.20.100)
    --       avutil:                    YES (56.22.100)
    --       swscale:                   YES (5.3.100)
    --       avresample:                NO
    --     GStreamer:                   NO
    --     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
    -- 
    --   Parallel framework:            pthreads
    -- 
    --   Trace:                         YES (with Intel ITT)
    -- 
    --   Other third-party libraries:
    --     Lapack:                      NO
    --     Eigen:                       NO
    --     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
    --     Protobuf:                    build (3.5.1)
    -- 
    --   OpenCL:                        YES (no extra features)
    --     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
    --     Link libraries:              Dynamic load
    -- 
    --   Python 2:
    --     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
    --     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
    --     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
    --     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
    -- 
    --   Python 3:
    --     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
    --     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
    --     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
    --     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
    -- 
    --   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
    -- 
    --   Java:                          
    --     ant:                         NO
    --     JNI:                         NO
    --     Java wrappers:               NO
    --     Java tests:                  NO
    -- 
    --   Install to:                    /usr/local
    -- -----------------------------------------------------------------
    -- 
    -- Configuring done
    -- Generating done
    -- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

    1. 2021年11月10日 05:11 |
    2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    »