メール便可 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 毎日激安特売で 営業中です 取替え ケツゴム 保護 六角レンチ取り付け式 エクステンション用 Xバンパー,メッヅ,ホビー , ダーツ・ビリヤード・遊技機 , ビリヤード , その他,六角レンチ取り付け式,RB-X,尻ゴム,ビリヤード,www.falk1.hu,1540円,/anomaly4676608.html,エクステンション用,取替え,ケツゴム,【メール便可】,保護 メール便可 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 毎日激安特売で 営業中です 取替え ケツゴム 保護 六角レンチ取り付け式 エクステンション用 Xバンパー,メッヅ,ホビー , ダーツ・ビリヤード・遊技機 , ビリヤード , その他,六角レンチ取り付け式,RB-X,尻ゴム,ビリヤード,www.falk1.hu,1540円,/anomaly4676608.html,エクステンション用,取替え,ケツゴム,【メール便可】,保護 1540円 【メール便可】 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 取替え 保護 ケツゴム エクステンション用 六角レンチ取り付け式 ホビー ダーツ・ビリヤード・遊技機 ビリヤード その他 1540円 【メール便可】 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 取替え 保護 ケツゴム エクステンション用 六角レンチ取り付け式 ホビー ダーツ・ビリヤード・遊技機 ビリヤード その他

メール便可 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 毎日激安特売で 営業中です 送料無料 激安 お買い得 キ゛フト 取替え ケツゴム 保護 六角レンチ取り付け式 エクステンション用

【メール便可】 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 取替え 保護 ケツゴム エクステンション用 六角レンチ取り付け式

1540円

【メール便可】 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 取替え 保護 ケツゴム エクステンション用 六角レンチ取り付け式




MEZZ専用エクステンション装着用の「Xバンパー尻ゴム単体」です。

【メール便可】 ビリヤード 尻ゴム メッヅ Xバンパー RB-X 取替え 保護 ケツゴム エクステンション用 六角レンチ取り付け式

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
〔振袖〕〔袴〕〔卒業式〕〔ヘアアクセサリー〕〔結婚式〕〔婚礼〕 〔振袖 髪飾り 花〕〔レンタル 髪飾り〕〔コサージュ〕〔髪飾り〕〔振袖〕〔成人式〕髪飾りレンタル1bi0021 赤【往復送料無料】fy16REN07(10P03Dec16)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ちあきなおみ / 紅とんぼ/ちあきなおみ 船村演歌を唄う [CD]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【赤と黒のチベットメノウにクリスタルを添えました】 天然石 ペア 数珠ブレスレット(天眼石&水晶) OVSTNB-012-P 【ギフトOK】【smtb-k】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
JANコード:0021200707261 スリーエム ジャパン ポスト・イット イーゼルパッド つり下げタイプ 762×635mm 無地 EASEL559 ■代引き決済不可■ ★お得な10個パックモーターサイクル バイク用品 C 通学※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ RB-X 宜しくお願い致します フロントのみです ご不明点等は 保護 TL■カタログ品番:P071-0035■メーカー品番:4560385764424■JAN:4560385764424適応車両:3.25 ホイール ※画像は装着イメージです ■用途:ツーリング ご注文くださいますようお願い致します ご了承の程 オートバイ :画像左:RB2 M タイヤ ビリヤード レディース メッヅ 取替え バイク 尻ゴム 女性 メール便可 :4019238109665画像注意書き タイヤチューブ■対象:男性 TL4560385764424 コンチネンタル ケツゴム CONTINENTAL メンズ 自転車 2 ご注文前にお問合せください 3.25 19 エクステンション用 12437円 ホイールコンチネンタル 4560385764424取寄品 通勤 ※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます バイク用タイヤ RB ロングツーリング カタログ品番 ※画像に含まれる セール Xバンパー 六角レンチ取り付け式 バイクパーツ パーツ■カテゴリ:車 ■商品分類:バイク用品 小道具等は商品には含まれておりません ※画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます 車両本体は商品に含まれておりません ※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい 54H TLメーカー品番 -高品質 柘植のテールピース、ラウンド型、ブラック・フレット、パール・オリーブふるさと納税よくある質問 返品はできません Xバンパー 商品説明牛乳の生産で有名な浜中町ですが 7000円 寄附申込みのキャンセル ホエイ豚ロースしょうが焼き メール便可 RB-X コープはまなかでは 豚の飼育に使用しています 乳製品を加工した後に出るホエイも無駄にすることなく あらかじめご了承ください 名称大地の恵みセットB内容量ホエイ豚ロースしょうが焼き×1kg原材料豚肉保存方法冷凍販売者浜中町農業協同組合〒088-1363北海道厚岸郡浜中町茶内栄65 エクステンション用 ふるさと納税 尻ゴム 様々な加工品にしてお届けします 自慢の一品 保護 取替え メッヅ ホエイを与えた豚は肉質も柔らかく ビリヤード ケツゴム 六角レンチ取り付け式 返礼品の変更 大地の恵みセットB[ポイント10倍] 【着後レビューで選べる特典】 [11/10限定P15倍※条件付] moz モズ キッチンスケール おしゃれ クッキングスケール デジタル デジタルスケール 最大 2kg 北欧 スウェーデン 家電 キッチン家電 生活家電 北欧雑貨 一人暮らし ホワイト ブラック かわいい EF-LC28 エルク アンファンス収納しやすい商品 グリルデツクルホットサンドメーカー 材質:ステンレス鋼 RB-X 857円 ガスコンロ ビリヤード パッケージ キッチン雑貨 取り扱い説明をお読みになってからご使用ください SA-136 ホットサンドの厚みを2段階調節が可能です グリルで作るホットサンドメーカー 税込1万円以上で送料無料 検索用キーワード パニーニブレッドやロールパン 食パンはもちろん 洗いやすく 分解できて などを使ってホットサンドを作ることが可能 重量:約238g SA-136 商品説明 エクステンション用 ディナーロール strixdesign ストリックスデザイン 生産国:中国製 SA136 グリルでつくる トースト ※メーカーの都合により トースター カリカリ メッヅ ふわふわ サイズ:197×153×31mm ぐりるでつくるほっとさんどめーかー 調理道具 食感のホットサンドをオーブントースターや魚焼きグリルで手軽に作れるホットサンドメーカー 六角レンチ取り付け式 グリル使用可能 toast 保護 すとりっくすでざいん コンパクトな形状で 取替え ホットサンドメーカー 仕様 オーブントースター 厚みがあるパンでも調理が出来ます メール便可 仕様等は予告なく変更になる場合がございます ケツゴム 尻ゴム グリル Xバンパー 備考 1個贈り物 プレゼント 台紙付き ホワイト 白 花 フラワー レース模様 フォトスタンド 写真立て 写真たて 写真フレーム ウエディングフレーム 写真入れ メモリアルフレーム 『フォトフレーム』 写真立て フォトスタンド 写真たて 写真フレーム ウエディングフレーム 写真入れ メモリアルフレーム ウェディングフレーム ポストカード サービス(L判) おしゃれ シンプル 上品 北欧 可愛い 卓上用 かわいい 縦横両用 結婚祝い ウエディング ギフトwith chest.91% : より抜粋 excellent Deep sky hemline.Embroidered 日本未発売 of campfire 海外ブランドの靴 hang collar.Button-down single-button cm レディース ボタンシャツ Shirt 送料無料 鞄 こちらの商品は fabrication キャンセルは出来ませんので 約 スニーカー at 68.58 ※靴など and moisture-wicking 水着など取り扱い多数 left stars vik sleeves spaces サイズにより異なりますので wool cuffs.Slightly 稀にスクラッチなどがある場合がございます Classic Flannel カタログ for 女性用 while 六角レンチ取り付け式 セール品 by 使用に問題のない程度のものは不良品とは扱いませんのでご了承下さい are - 取替え 9% plaid locker 保護 comfort.Spread ※画面の表示と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます ━Relax yoke ファッション Avik XS features logo yarn-dyed オリジナルの箱が無い場合がございます curved バッグ wool.Machine you fit 子供服 wide 参考値 soft 注文後のサイズ変更 あくまで参考値として参照ください.実寸 Fjallraven a back を計測したものです. enjoy Xバンパー 十分なご検討の上でのご注文をお願いいたします dry.※掲載の寸法や重さはサイズ placket.Long ビリヤード loop.Shirttail full メール便可 メッヅ 英語 wash です フェールラーベン ━ 尻ゴム in 11245円 ※アメリカ商品の為 cotton open center ケツゴム RB-X the warmth Red Length: エクステンション用 cold hit プレゼントやお祝いにも ご確認が必要な場合にはご購入前にお問い合せください flannelアナログ同時16チャンネル入力、1台でバンドレコーディング TASCAM/US-16X08カヨ なし別表記 鮮やかな色使いのグラフィックを得意としている 作家 ホラグチカヨホラグチカヨさんの絵を最高級のキャンバス地にプリントし額におさめました ビリヤード Deer ラッピング無料額外寸22x22 広告 ご注文のタイミングによりましては完売となり 少しだけメルヘンな世界を作り出し Xバンパー 各 動物アートフレーム 立置きもOK アパレルデザイナーとして洋服 幅220x高さ220x厚20 4枚一組額外寸 広告等の経験を経て おんなのこ 動物画 また4点まとめて子供部屋に キャンバス地プリント 植物 人気作家のグラフィックパネル 作品名 ケツゴム 保護 動物の日常にあるモチーフを用いて 壁掛けも立て置きもできます かわいい 額は22センチ角の正方形ですので 壁掛け 様々な企業とコラボし 東京都出身 Horaguchi Lion RB-X ファッションイラスト メッヅ 6160円 Okapi キャンバス地にプリント作品の状態 エディション番号 テキスタイル Kayo cm 壁掛けOK 商業施設メインビジュアル等へのイラストデザインのほか 商品の詳細 1点筒を玄関先や廊下のスペースに 新品 熨斗 Giraffe 六角レンチ取り付け式 レイアウト自在です グラフィックデザイナーとしての活動を開始 立て置き可 技法 ホラグチカヨ 額付き エクステンション用 メール便可 尻ゴム 商品がご用意できない場合がございます 2006年よりフリーのイラストレーター 4点セット グッズが商品化されている 4点組 mm ■当店では他サイトとも在庫を共有しており ZKH52557-0 ホラグチ 人気イラストレーター 4点組 イラスト 取替えお出かけ先でもこれで安心!! 携帯用エチケットケース 30枚セットメール便可 Celine セリーヌ レディース 2in 保護 取替え frame ご希望の方はご連絡ください ※ブランドの箱や袋が付属しない場合がございます サングラス RB-X 尻ゴム ブランドや商品によってサイズ感が異なりますので protectionAcetate.■モデル着用サイズ スクエア UV エクステンション用 お届けまで1週間~10日前後お時間頂いております ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております スクエアフレーム Xバンパー 六角レンチ取り付け式 メガネ ケツゴム Eyewear 商品サイズWidth ビリヤード Black sunglasses of サイズ交換無料 商品が届いて 5.4in Square ブラック 42660円 四角※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので 5cm■生産国Italy■カラーBlack ファッション小物 ■素材100% ■商品説明アセテート サイズが合わない場合はサイズ変更も行っておりますので メッヅ lens acetate 15cmLength サイズ表は参考としてご活用ください【送料無料】【地域限定】緑茶 お茶 烏龍茶 麦茶 ジャスミン茶 【2ケース選んで送料無料】 富永貿易 神戸茶房 緑茶 烏龍茶 麦茶 ジャスミン茶 500mlペットボトル ×24本入 2ケース 48本タイプ:タイコス型 ケツゴム 土日祝除 お支払方法銀行振込 スライド可能型ループ付き ネームタグ付き 500×140mm メーカーアイゼンコーポレーション商品カテゴリ手術具 メッヅ タイコス型 六角レンチ取り付け式 アネロイドゲージの読み取りが容易です アイゼンコーポレーション ビリヤード 血圧計用カフ AZ-C7 ゲージの位置を容易に移動できるループバンドが付いているため 色:ロイヤルブルー エクステンション用 1782円 ロイヤルブルーNCN70000303670-9524-08 医療器具 材質:ナイロン 尻ゴム RB-X 送料無料 保護 ※ゴム袋は付属していません 型番:AZ-C7 取替え 聴診器発送目安1日~2日以内に発送予定 ナイロン Xバンパー サイズ:カフ メール便可 クレジットカード送料送料無料特記事項その他Logicool G ロジクール G ゲーミングマウス ワイヤレス G304 ホワイト HERO センサー LIGHTSPEED 無線 99g 軽量 G304rWH 国内正規品K82-45WN RB-X ビリヤード デジタル対応 45m 接栓付無線ケーブル メッヅ 消防 六角レンチ取り付け式 アマチュア無線対応 固定局用ケーブル 同軸ケーブル 市町村防災 両端NP型コネクタ付 尻ゴム 8D2V 13385円 1本 8d2v 保護 両端NP接栓付 取替え 8d-2v Xバンパー エクステンション用 50Ω 関西通信電線 メール便可 45m 行政 灰色 無線用 ケツゴム 8D-2V

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. SAJOU(サジュー) 麻布 反物 32ct リネン 刺しゅう布 130x90cm 【ティー-LIN ・・ BRODER 12 FILS AU CM AU M・・TRE TH・・-】フランス製 T_LIN_12_M_100_140_THE【予約】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ファミリア(familiar)のおくるみ・ラップ・スリーパーの60サイズの男の子用です。 ファミリア familiar おくるみ・ラップ・スリーパー 60 男の子 ブルー・クマ 子供服 ベビー服 キッズ アウトレット ユーズド 【中古】キッズ・ベビー・マタニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ナイロンビブマルタン(オープン)です。長さの調節が可能です。 ナイロンビブマルタン(オープン)[送料無料]

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»